一般社団法人大分こころのケアセンター


理事長あいさつ 法人設立の目的 事業内容 組織概要 事業案内
  • 豊かな人生を送ってもらいたい、あなたの人生の成功を願う

理事長あいさつ

一般社団法人 大分こころのケアセンター
代表理事 三好修

 一般社団法人 大分こころのケアセンターは「メンタル不調者の就職支援事業」を主軸とした、社会貢献と地域活性、食の文化創りを目指す、新しい会社です。その目標は、わたしたちが将来大人になるとき必要となる、「働くこと」について考え・実験する場です。

100年人生時代を迎え、20代の若者は学校を出て一回で会社を決め、人生を決めるという古い人生決定をしなくなり、逆に人生の袋小路に入らないように自身に可能性のある選択肢を残す方法を選択するようになっています。
具体的には、贅沢な生活よりも豊かな可能性のある生活を求めるようになっています。その為、時間を必要とし、実際設けて、第二、第三の職業選択肢を頭の中に描き、実験的にそれらを経験しておこうとする行動様式を無意識に選択しています。

時代の進化に適応を目指す、わたしたちの就労実験の場には、食資源の有効利用に関する分野と、地元大分の温泉指定管理事業、メンタルヘルス関連事業の3つがあります。
わたしたちの会社の設立の趣旨からして、これらの事業は非営利で、誰かに奉仕的でありたいと強く願っています。もちろんこの運動は、わたしたちの仲間に限ったことではなく、賛同してくださる皆さんも是非仲間に入って頂きたいと考えています。誰かのお役に立ちたい、そんな事を心から願う集団がわたしたちです。

平成29年6月吉日

法人設立の目的

当法人の持つ事業価値感は「人とのつながり」「情熱」「健康」「癒やし」「冒険」「パワー」「自由」の7個。
法人の事業スローガンは「社会貢献」、「共同体感覚」、「感謝心」、「自立」の4つです。。

事業内容

・日本に昔からある、食のもったいないの精神と食料資源の再循環を目指す事業
・地元大分県の温泉振興にかかわる事業
・国際交流
・メンタル・心のケアと心のトレーニングに関する社会啓発、教育及び福祉振興事業
・メンタルヘルス不調者の社会参加促進のための事業
・メンタルヘルス不調者の就労支援事業
・メンタルヘルス不調者への雇用促進及び雇用の機会確保を行う事業
・メンタルヘルス不調者が主体となって行う調査、研究、コンサルティング事業
・飲食店の経営、運営、管理事業
・労働者派遣事業、有料職業紹介事業
・各種講演会、セミナー等の企画、運営事業
・企業のメンタルヘルスをサポートします。
※事業はメンタルヘルス不調者に限定せず、地域の理解者、サポーターも包括して実施運営します。

組織概要

社員総会
三好修、他1名

理事会
三好修(医師・病院経営)
鬼丸敏幸(会社経営)
望月守(会社経営)

監事
福原一義(税理士・公認会計士)

事業案内

フードバンク東九州