大分大学の学生とのSDGs取り組み

大分大学 経済学部 副学部長 石井まこと教授を仲介に、大学生のSDGsを通したフードバンク活動のボランティアについて、初回の打ち合わせを行いました。

この会議は、石井副学部長と学生たち、フードバンク東九州からは実務担当者の高見が出席して大学内のZOOMで行いました。

当団体からは、フードロスの現状とフードバンク活動の社会的意義について、担当者から説明させていただきました。
大学からは、長引くコロナ禍で経済的に困窮している学生の現状もご報告頂きました。

今後、SDGsを目指し協力して行う活動が増えると思います。都度ご報告させてください。

若い学生さんたちと、共に行動できることに喜びを感じています。

52

※写真は、ZOOM画面内の石井教授です。